鼻づまりを解消する方法|耳鼻科で原因追求

doctor

自分の症状が治らない場合

healthy women

風邪じゃない可能性がある

体調は悪くないのに鼻水がだらだら出て、なかなか治らないことがあります。これは風邪ではなく鼻炎の可能性があります。鼻炎には種類があり、一般的に知られているのがアレルギー性鼻炎になります。有名なのが花粉やハウスダストによるアレルギー鼻炎です。主にサラサラとした水っぽい鼻水が特徴的です。また、似ているもので血管運動性鼻炎という症状がありますが、こちらは香料やストレスによって起こる鼻炎です。このように症状の原因は違いますが、鼻炎の症状自体は全て似ているもので、判断しにくいものです。一般的に治るまでに1、2週間はかかると言われていますが、治りが遅い場合は病院で見てもらうことをオススメします。また、受診しても治らない場合は治療法も変えた方が良い可能性があります。

薬の使い過ぎに注意

アレルギー性や血管運動性の場合は、元となるアレルギーや臭いを吸わなかったりすれば、そこまで影響が出ることもなく安心です。今では、花粉やハウスダストを抑えるマスクが病院や薬局で販売されているので、活用するのも手です。また、市販の鼻炎薬も沢山あるので、これらを活用するのも良いです。しかし、市販薬の場合は使いすぎると、別の鼻炎を発症してしまう可能性があります。これは薬剤性鼻炎と呼ばれ、薬を使用し続けることによって鼻の粘膜が返ってより分厚くなり、鼻づまりが悪化してしまう症状です。この場合は、点鼻薬の使用を中止し、病院に見てもらうことが大切です。今では、薬物療法で良くならない場合、病院でレーザー治療などの外科的な治療も行われています。外科治療は病院でしか行えない特徴があり、また治りも早いのでオススメです。