鼻づまりを解消する方法|耳鼻科で原因追求

doctor

アレルギーによる鼻炎とは

family

春になるとくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状に悩まされる方が増加します。これは、スギ花粉などが原因となっておこるもので花粉症と呼ばれていますが、医学的には季節性アレルギー性鼻炎といいます。植物の花粉が原因となっているので花粉が飛ばなくなると症状は治まっていきます。また、ダニやほこりなどが原因となるアレルギー性鼻炎は、通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれています。ダニやほこりは常に身近にあり一年中症状がでるので通年性と呼ばれています。アレルギー性鼻炎の症状は連発するくしゃみ、透明でサラッとした鼻水、そして鼻づまりです。この他に目のかゆみや頭痛などの症状が出ることもあります。朝起きた時に症状が強く出ることや発熱がないことで風邪と見分けることができます。

私達の体にあるリンパ球は、外から入ってきたウイルスを攻撃して病気にかからないように働いています。しかし、リンパ球は花粉やホコリなどが体に入ってきた場合も異物と考えて過剰に反応してしまいます。過剰に反応すると炎症を引き起こすヒスタミンなどの物質が作られて、くしゃみや鼻水、鼻づまりの症状として出てしまうのです。治療は抗ヒスタミン薬などの飲み薬やスプレータイプの点鼻薬が有効です。薬による治療で症状が治まらない場合は、レーザー治療や高周波、アルゴンプラズマ凝固といった治療方法が効果的です。医師と相談して自分に合った方法を選ぶことをお勧めします。気になる症状が出て切る時は、まずは最寄りの耳鼻科に診察に行くのが一番です。