鼻づまりを解消する方法|耳鼻科で原因追求

doctor

アレルギーによる鼻炎とは

family

アレルギー性鼻炎には、花粉などによる季節性アレルギー性鼻炎とダニやホコリが原因となる通年性アレルギー性鼻炎の2種類があります。治療は飲み薬による方法とレーザーや高周波、アルゴンプラズマ凝固などの外科的な方法があります。医師と相談のうえ自分の症状に合った治療方法を選ぶようにしましょう。

自分の症状が治らない場合

healthy women

鼻炎の症状には種類があり、花粉が原因のものもあれば、臭いなどが原因の可能性もあります。また、市販の点鼻薬を使用しすぎても鼻炎になってしまう可能性があります。自身で判断できない場合は病院で見てもらうのがオススメです。また、病院ではレーザー治療などができる特徴もあり、治りも早くなる可能性があります。

自己判断で悪化する場合有

smile

自己判断では駄目な理由

たかが鼻づまりで病院行くなんてばからしいことに聞こえるかもしれません。鼻をかんで鼻詰まりに効き目のある市販薬を服用すればいいと思っていると思います。しかし、鼻づまりの原因がわからないまま自己判断で治療しようとするのは広い砂漠で探し物をするようなものだと思います。なぜ耳鼻咽喉科がどこの病院でも患者であふれているのか、人気の秘密はどこにあるのかといった理由がこのことからもわかると思います。人気の理由は鼻づまりに特化した専門医がいる病院である事で他の医者にかかるよりは的確に原因がわかる可能性が高いことにあります。鼻詰まりの原因がアレルギー由来だった場合はアレルギー検査することでわかるし、何かしらの病気由来であれば病気の目星をつける事でより正確な治療を行うことが出来るからです。

耳鼻咽喉科はどんな所か

耳鼻咽喉科がある病院の診察内容の特徴としては、まず喉、耳、鼻を診察することです。他の病院に風邪のために診察してもらった場合は喉、聴診器で胸の音を診察する場合が多いと思いますが耳鼻咽喉では耳や鼻も見るというのが一般的です。ではなぜ耳や鼻も見るのかということに関しては耳は中耳炎などになっている可能性がないかという事や鼻を診察することは鼻をかむけれど取り切れなかった鼻水を吸引したり副鼻腔炎になっていないかなどの判断がつくからです。鼻づまりを侮って放置してしまうと、急性の蓄膿症になってしまい、それが悪化してしまうと慢性の蓄膿症になってしまって日常生活に不便になってしまう事があるのです。また、アレルギー由来だった場合はアレルギーの原因がわかることで自分で可能な限り対策を取ることが出来るのです。

受診のポイント

A boy

春先になると、花粉症の方がお薬を求めて新宿の耳鼻科を受診する人が多くなります。また受診の際には、早めに受診をしておくことで、効果が期待できます。なので、早めにおくすりをもらっておいて花粉症のピークの前に飲んでおくといいでしょう。